介護で家族の負担を減らす

やがてわが身に来る親の介護

  • トップ /
  • やがてわが身に来る親の介護

LINEで送る

介護保険を上手に使い無理しない

高齢化社会においては何時か自分にも親の介護が回ってきます。それを突然迎えるか、心の準備をして迎えるかでは大きな違いです。今ご両親がお元気でも老いは必ず巡ってきますので、本や雑誌、インターネットなどで基本的な情報は押さえておくと良いです。両親に肉体的な衰えや認知症のような症状が出て、日常生活に支障が見られるようになったら、支援が必要になります。まずやる事は要介護申請を市区町村に行います。次にケアマネージャーに相応しいケアプランを作成して貰います。介護保険を上手に利用して、ヘルパーさんに身の回りのお世話をしていただき、デイサービスなども利用します。ヘルパーさんやデイサービスを利用する事で、家族の負担を減らす必要があります。家族だけで頑張るのはこの高齢化社会では、介護する家族に負担が重すぎます。社会全体として高齢化社会に立ち向かうためには、保険を上手に使い無理のない介護が必要なのです。見守られるご両親は勿論、周りでお世話する家族も笑顔でなければなりません。高齢化社会へは一家族の力で立ち向かうのは大変な事です。行政の制度や民間の施設の力を上手く利用して、家族の仕事や日常生活にしわ寄せが来ないようにせねばなりません。

 

介護のお得情報

↑PAGE TOP