介護サービスの必要性

介護の必要性を対比する

  • トップ /
  • 介護の必要性を対比する

LINEで送る

介護のニーズは?地方と都市部

日本においては高齢者の介護問題は年々深刻化しています。健康年齢の向上は国の重要課題としても挙げられていますが、現状は平均寿命と健康寿命は必ずしも合致していません。医療技術が進化したことや、食生活や生活環境の改善は、私たち日本人が長生きできる国を作り出してくれました。しかしながら、高齢になればなるほど、心身の機能は低下してしまいます。日常生活に支援が必要な高齢者は増えている現状があるのです。国全体のニーズとしては当然介護の必要性はますます高くなっています。地域ごとに見た場合でも、出生率の低下や高齢者人口の増加はどの地域でも共通の悩みであり、介護サービスを必要としている人はたくさんいます。地域別にその状況を対比してみると都心部と地方では特徴に違いがあることが分かります。まずは、家族形態を対比してみると都心部の方が高齢者の単独世帯や夫婦世帯が多いことが分かります。都市部では同居する住宅環境を手に入れられない場合も少なくありません。田舎の地方の地域であれば、昔ながらの日本家屋の中で複数の世帯が同居していたり、近隣に親戚が住んでいる場合も少なくありません。その為に、求められる介護サービスの種類を対比すると、都市部の方が自力で在宅生活が困難になる場合が多く、入所施設を希望する人が増えている現状があります。地方の田舎の地域の方が、在宅介護を続けられる要素があるのです。

 

介護のお得情報

↑PAGE TOP